美味しい馬刺しの種類と選び方

一番おいしいのは生食の馬刺しです。馬刺しと一言で行っても、使用する馬肉のタイプや部位により味や食感はまるで違います。

 

御馳走感を出したいときには、サシが入った霜降りタイプの馬刺しがおすすめです。脂身と赤身のバランスが最高で柔らかく甘みを感じられますよ。

 

健康志向な方やさっぱり食べたいという方には脂身の少ない赤身がおすすめです。

 

赤身の馬刺しはいくらでも食べられるくらいさっぱりしています。堅いお肉が苦手という年配の方には、ひれ肉の馬刺しがよいでしょう。ひれ肉は馬刺しの中でも特に柔らかい部位です。

 

馬刺しになる食用の馬は重種馬になります。重種馬は体重が1トンぐらいまでなる大型の馬であり、競馬の馬として知られているサラブレッドなどは軽種馬に分類されます。

 

軽種馬と重種馬では肉質も異なり、脂肪分がしっかりとつくのは重種馬です。

人気の馬刺しの通販

菅乃屋の国産馬刺し

馬刺し・馬肉売上日本一

馬肉専門店【菅乃屋】

 

日本一の鮮度を誇る本場熊本の味を堪能できる
馬刺し品質ランク最上位の厳選した極上品質の馬肉のみを販売
TVや雑誌にも数多く紹介されており、リピーター続出

菅乃屋は馬肉専門店で、馬肉の本場である熊本から全国においしい馬肉を発送しています。

 

馬刺しの赤身やセット販売のほか、馬肉のネギトロ、馬刺しユッケなどもあり種類は豊富です。

 

大トロ、霜降り、ロース、赤身、ヒレ、たてがみなど部位から選ぶこともできますし、予算に合わせてチョイスすることもできますよ。

 

ギフトとしても人気があります。豪華よくばりセットは10年連続売り上げランク1位に輝いていて、リピーターが多いネットショップです。

 

 

熊本牧場から産直馬刺しをお届け【馬刺し屋】

https://basasiya.shop-pro.jp/

 

解体後すぐに販売できるため、冷蔵での配送でも鮮度を確保できる
徹底的な温度管理を行うことで鮮度を保つ
自社管理牧場完備で食用馬を肥育

馬刺し屋の馬刺しは国産馬にこだわっていて、自社での仕入れ肥育をしています。

 

国内で生まれた馬のみを熊本にある自社牧場で丁寧に肥育するので味、鮮度、安全どれをとっても一級品です。

 

自社牧場飼育にこだわった馬刺し屋では、エサも徹底しています。

 

九州産配合飼料+熊本産ビール粕+小麦粕を独自ブレンドしたオリジナル飼料で、2日以上経過したエサは与えない徹底ぶりです。

 

また飲み水に関しても、新鮮な湧き水を与えています。

 

加工精肉を一切しておらず、成長促進もしないので、馬本来の成長による味のうまさを引き出します。

 

ラジオで大反響!全国店舗の飲食店使用!熊本馬刺【熊本馬刺しドットコム】

https://kumamoto-basasi.com/ad/FS5902_a.html

 

熊本の提携牧場で大切に肥育した馬肉を使用
HACCPに対応する徹底した衛生管理
マイナス70度で瞬間冷凍し、鮮度を保つ

熊本馬刺しドットコムは延べ900037人以上が購入した実績がある大人気馬刺し専門店です。

 

満足度は92.2%と非常に高く、リピーターも多いです。馬刺しは鮮度が命になるので、熊本馬刺しドットコムでは作り置きを一切せず、注文をもらってから熟練の職人が馬肉をさばきます

 

。ちょっとの量を食べたいという人には、食べたい分だけ解凍できて、無駄が少ない50gの小分けパックがユーザーから大好評です。

 

少しずつ解凍することで新鮮でおいしいままの馬刺しを食べることができますよ。

 

高良健吾もうなる馬刺し!肉好き女子も安心の低カロリー♪【おすそわけ村(馬刺し)】

http://www.osusowakemura.jp/lp/basashi3mori/

 

注文を受けてからさばいた馬刺しをお届けする抜群の鮮度
食べきれるブロック50g真空パックでさばきたてのおいしさを味わえる
さばきたてにこだわり、通信販売だけの限定販売

おすそわけ村は、本場熊本から産地直送のこだわりの馬刺しを販売するお店です。

 

こだわり抜いたジューシーな馬刺しは贈答用にもぴったり。霜降り、大トロ、赤身などのセットも人気です。

 

複数セット購入すれば馬刺し専用の醤油もプレゼントになります。おすそわけ村では高品質な馬刺しを安心、安全そして低価格でお届けします。

 

おすそわけ村の流通経路では解体・加工を1つの工場で行い、そのままお客様の元へお届けすることで、時間とコスト、鮮度落ちの大幅カットに成功しましています。

 

馬刺しの部位と味

・ふたえご

バラの下にあるお腹周りのお肉です。脂身の層とお肉の層が分かれていて、白と赤のコントラストが見た目的にもとても美しいです。
生で食べるとコリコリした歯ごたえが楽しめますよ。

 

・たてがみ

馬の首筋に生えているたてがみ付近の肉です。白色のお刺身で農耕な甘みを楽しめるでしょう。
ゼラチン質で固まった脂身なのでぷりぷりした触感が特徴です。赤身の部分と一緒に食べるとさらにおいしいですよ。

 

・ネック

首回りのお肉で、筋肉質で堅さがあります。細切りにしてユッケにすれば桜ユッケの出来上がり。歯ごたえが病みつきになりますよ。

 

・イチボ

お尻のお肉で、程よいサシが入り柔らかいです。

 

・ロース

背中のお尻側の筋肉質な部位です。脂身は少なくさっぱりとした味になります。ただ霜降りになることもあり、刺身でも、炙りでも馬肉の味をしっかりと堪能できるでしょう。

 

・クラシタ

肩ロースの部分で、サシが入り脂身と赤身のバランスは絶妙です。柔らかい部分と堅い部分が混じっているので、独特の歯ごたえが楽しめますよ。

 

・ブリスケ

ネックより下にある前足の付け根部分です。肩に近いバラ肉の部分になるので、霜降りがあって見た目が美しいです。
若干の堅さとコリコリした食感を楽しめるので、馬刺しの中でも人気のある部位ですよ。

 

馬刺しの食べ方

冷凍された馬肉は氷水に浸けて解凍します。急激な温度変化で馬刺しを解凍してしまうと肉がダレてしまい、うまみが逃げてしまいます。
芯が残る程度まで解凍できたら、肉の繊維目に逆らうように垂直にスライスしていきましょう。繊維目を切ることでお肉の食感は柔らかくなりますよ。厚さは2~3mmにすると食べやすいでしょう。
馬刺しの時は、ショウガとニンニクと醤油で食べるのが抜群においしいです。ショウガとニンニクを用意するのが面倒であれば、馬刺し用の醤油を購入しましょう。馬刺し用の醤油にはショウガとニンニクが入っていますよ。また霜降りやロースなど甘みが強い部位は、玉ねぎやネギなどを巻いて食べることで、馬肉のうまみ、甘みをさらに引き出してくれます。

 

TOPへ